調査によって経営におけるリスク回避を図りましょう。

探偵コラム

別居中の浮気は認められない?浮気慰謝料が発生しない場合とは

夫婦の浮気は民法上の不法行為であり、分かると離婚や慰謝料を請求するなどの問題が起こります。あってはならないことであり、配偶者に対してはひどい裏切りですよね。けれども別居中の浮気だから「浮気にはならない」といったケースがあることはご存じですか?

今回は別居中の浮気は果たして罪になるのか、また浮気慰謝料が発生しない場合をご紹介します。

慰謝料請求に発展する浮気とは?その基準

夫婦の浮気は慰謝料請求の対象となり、浮気によって受けた精神的ダメージを金銭によって償う必要があります。ですが、どんな浮気でも慰謝料が発生するわけではなく、その浮気には明確な基準があります。具体例を挙げてみていきましょう。

浮気相手と手をつないだ

人によっては配偶者以外の方と手をつないでいたら、「それは浮気」と捉えるかもしれません。ですが、手をつなぐぐらいの接触は日常的にあってもおかしくなく、恋愛感情の有無を除いてもこれが夫婦生活を脅かすものとは言い切れません。

ただし、手をつないでいた背景にも注目しておきたいものです。例えば「深夜の時間に二人きりで、手をつないでホテル街を歩いていた」のなら浮気の可能性も高いと言えます。必ずしも浮気とは断定できませんが、手をつなぐシーンだけを切り取ると浮気と認められるかは難しいでしょう。

浮気相手とキスをした

浮気相手とキスをすればどうでしょうか。キスというのは親しい関係にないと起こらないものではありますが、これだけでは浮気と認められにくいです。一度きりなら「酔っぱらった拍子に」と言い訳が通るかもしれませんが、何度もキスする場面を目撃されており、それが二人きりだとすると「普通の関係以上に親しい」とは推測できます。

先ほどの手をつなぐことにも言えますが、こうした浮気とも受け取れるものは「どんな背景で行われたか」がポイントです。これだけでも配偶者としては十分イヤな思いをし、やめてほしいと感じる方も多いでしょう。にもかかわらずスキンシップを止めなければ、慰謝料が発生する場合もあります。

肉体関係があったら

次に、肉体関係が二人の間にあったら。これは明確に浮気と言えます。浮気とは法的には不貞行為・不貞と呼ばれており、肉体関係の伴うものとされています。慰謝料請求をするには、「浮気相手との間に肉体関係があったかどうか」を基準に考え、証明することが大切です。

基本に立ち戻って考えると、浮気の慰謝料とは浮気によって受けた精神的ダメージを償うもの。肉体関係のある不貞は相当なダメージが予想できますが、回数が増えると比例して慰謝料もより必要とみなされます。反対に、たった1度きりの肉体関係では慰謝料が発生しない場合もあるので注意が必要です。

別居中の浮気は「慰謝料が発生しない」場合もある

では、別居中の浮気には慰謝料が発生しないのでしょうか。発生する場合、しない場合の両方を考えてみましょう。

離婚を前提にした別居の場合

元々離婚する話が出ており、夫婦が別れて暮らしていた場合。これは浮気が直接夫婦の関係を壊したとは考えにくいので慰謝料が発生しないことがほとんどです。ただし、気を付けておきたいのは夫婦が合意して別居しているのかという点。

例えば元から浮気を隠していた夫が、「離婚したい」と考えて自ら家を出て行ったとしましょう。これを「離婚を前提にした別居」であると認めれば、浮気された側の妻としての主張は一切通りません。さらにこの場合、妻が離婚に合意していなければ連絡を取って、二人で話し合うはずです。これは離婚を前提とした別居には入らないので、順序がどちらだったにせよ、浮気の罪は償わなくてはなりません。

離婚は想定していない別居の場合

次に離婚は想定していないけれど、関係の冷却期間中として別居していたり単身赴任として別れて暮らしていたりする場合です。これは夫婦が離婚するとは決まっておらず、例え離れて暮らしていても関係性は続いているために、浮気が認められない別居ではありません。

ポイントは別居によって夫婦の関係が完全に破綻してしまい、関係の再構築は望めない程度になっているかどうかです。別居期間もこの場合は考慮されるので、1年未満の単身赴任や別居だと、この間婚姻関係は続いていると考えられるでしょう。浮気に対する慰謝料は別居中ですが、発生します。

婚姻生活が破綻している場合

別居していなくても婚姻生活が破綻していると、慰謝料は発生しません。これはただ別居していないというだけで、同じ家に住んでいても家庭内別居状態。何年も口をきいていないといった夫婦が当てはまります。

浮気があってもなくても、いずれは離婚していたと考えられれば慰謝料が発生しません。こうした慰謝料を支払う責任のない浮気に対して、「別居中の浮気は許される」と表現されることがありますが、実際には浮気に違いありません。もし離婚まですぐの時期に新しい恋愛相手が現れたら、まずは夫婦関係を清算してからお相手との関係を続けた方が確実と言えます。

慰謝料請求するときの4つのポイント

浮気の慰謝料請求をするときには、4つのポイントが重要になります。ここからは「慰謝料請求する浮気された側」の立場から、ポイントを考えていきましょう。

証拠の有無やその内容

まずは証拠の有無、その内容です。浮気は肉体関係が伴うものとお伝えしましたが、これを証明しないと「浮気」にはなりません。よく浮気問題で起こりがちなのが、浮気をしたかしていないかで意見が食い違うもの。証拠があれば事実を明らかにできるので、話し合いもスムーズに進みます。

さらに証拠とは、基本的に肉体関係を証明できないと浮気の証拠として認められないことも。よくあるのが、

・LINEで浮気相手とやりとりをしているスクリーンショット

・通話履歴

・周りの人からの証言

など。これらも複数合わせて状況証拠として扱えますが、調停や裁判など第三者を交えて解決するときには証明するのにやや弱い証拠になります。

肉体関係を示すのは「ホテルに出入りしている写真や映像」「決定的な行為中の写真、映像」「浮気調査の報告書」など。調査の経験がなく、なおかつ日常生活を送りながら素人が調べるのは難しいので、できないという方は調査会社を利用し証拠を集めてもよいかもしれません。

慰謝料の額・相場

慰謝料の額、相場も頭にいれておきたいもの。浮気の慰謝料といっても、浮気が発覚したその衝撃は金額で表せるものではありません。例え相場だからといって「数百万円で納得はできない」と考える方がほとんどでしょう。

しかし、慰謝料がある意味を立ち戻って考えてみると、「支払う側の最低限の生活を守りながら、その範囲で相手に対して金銭を支払い償う」のが目的です。考えられないほどの高額な慰謝料は請求できませんし、相手の支払い能力によっては金額を考慮する必要があるでしょう。

そこで基準として考えられるのが慰謝料の相場です。

・夫婦が離婚した場合…100~300万円

・夫婦が離婚しなかった場合…~100万円

の慰謝料が平均です。浮気がよほど悪質だったり浮気期間が長かったりすると相場額以上となる場合もありますが、この近辺の金額が妥当ということは頭に入れておきましょう。ただ、話し合いで双方の合意が取れれば金額はいくらでも構いません。

弁護士を挟んでいるかどうか

このように慰謝料を請求する側としても考えることがたくさんある浮気の問題です。一人ではなかなか話に折り合いをつけることができず、弁護士を介して交渉する場合も少なくありません。弁護士にお願いすると、

・合理的な意見を出せる

・感情論になりにくい

・交渉がスムーズになる

といったメリットがあります。考えておきたいのは、こちらが弁護をお願いしていないのに相手は弁護士を付けていた場合。弁護士は法律のエキスパートなので、当然向こうに有利な状況で交渉してくるでしょう。もし慰謝料の請求が難しい、自分ではできないと思ったら、早めに弁護士に相談しておくのも自分の主張を通らせるポイントかもしれません。

冷静に対応する

最後に冷静に対応することです。浮気が分かると感情的になって、相手をののしったり泣きわめいて話し合いを妨害したりと、迷惑な行動に出る方は多いです。浮気は許されることではありませんが、相手に暴力を振るったり脅迫したりするのは法律違反。最悪の場合、自分の立場が悪くなることも考えられるので、できる限り冷静に話し合うようにしましょう。

浮気問題を解決する中で浮気相手と話し合うこともあるかもしれません。自分だけでは冷静でいられないなら、第三者を交えて示談を進めるのもひとつの手段です。慰謝料の話し合いは滅多なケースを除いてとにかく長引くと予想できるので、ある程度覚悟をして臨むとよいでしょう。

別居中の浮気の証拠、どうやって見つけるの?

別居中に浮気が発覚。このとき、どうやって先ほどご紹介したような証拠を見つければよいのでしょうか。離れて暮らしているからこそ難しい別居中の浮気の証拠について、見つけ方をご紹介します。

探偵や興信所に依頼する

自宅で一緒に暮らしているのなら証拠も見つけやすいかもしれませんが、離れていると自分だけの力で探るのも大変です。できれば探偵や興信所に依頼し、代わりに調査をしてもらいましょう。

このとき考えたいのは、別居先の土地勘がある探偵や興信所を選ぶことです。自宅近くで依頼すると、離れた場所の調査に行くために出張費や交通費など諸費用がかさむこともあります。調査は

・聞き込み

・張り込み

・尾行

といった人の力で行われるため、探偵側としても得意なエリアの方が成果が出しやすい背景があります。出張先・別居先を調べたい場合は、そのエリアに支店を持つ探偵・興信所もしくは現地の探偵や興信所を選びましょう。最近ではリモートで打ち合わせ、相談できるところも増えているので、まずは調査が可能かどうか相談からはじめてみることをおすすめします。

話し合って浮気を認めてもらう

次に話し合って浮気を認めてもらうことです。証拠が手に入るかどうかは、探偵や興信所の浮気調査に比べると可能性が低くなるものの、自白を促すのなら料金はかかりません。浮気を素直に認めてくれたら、その証言を音声テープに録音するようにしましょう。

このときも、きわめて冷静に話し合う必要があります。別居中とはいえ直接会って話し合わなければならず、一度否定されると問題は長引くでしょう。浮気を認めてもらったら、慰謝料請求をする場合は浮気相手のことも聞き出すと理想的です。

その他、慰謝料が発生しない浮気とは

今回は別居中の浮気に関して、慰謝料が発生しない浮気としてご紹介しました。その他にも慰謝料が発生しない浮気がいくつかあるので、一緒にチェックしていきましょう。

肉体関係のないプラトニックな恋愛だった

肉体関係のないプラトニックな恋愛なら、冒頭でお伝えしたように慰謝料は発生しません。しかし、度が過ぎていると慰謝料の対象になったりそうでなくても離婚を要求されることもあったりするので注意しておきましょう。

この場合は浮気だと勘違いしていた、という表し方が適していますが、「たった今肉体関係がないだけで、今後は分からない」と思わせると一気に浮気としての可能性が高くなります。今後のためにも、どこまでが許せてどこまでは許せないのか夫婦で認識を共有しておくとよいでしょう。

既婚者だと知らせずに浮気していた

次に既婚者だと分からず浮気していた場合です。配偶者が既婚であることを隠して独身者と浮気していた場合、浮気相手は「浮気だと思っていなかった」ので慰謝料を請求できません。ただし配偶者には慰謝料請求できるので、この点を頭に入れておきましょう。

関係を迫られて肉体関係を結んだ場合

こちらも防げなかった浮気であり、浮気相手もしくは配偶者に故意がないので浮気には入りません。ただし肉体関係を迫った方には、強制わいせつなどで慰謝料を請求できるでしょう。このように浮気といっても、すべての浮気や浮気だと感じる行為に慰謝料が発生しない点は注意しておきましょう。

探偵コラムColumn