調査によって経営におけるリスク回避を図りましょう。

探偵コラム

浮気を辞めさせる方法・言葉とは?浮気の再発防止策も解説

夫婦間の浮気は、発覚すると慰謝料請求や離婚の話し合いもすることに。さらに浮気に気付いていても、はぐらかされたり何度も繰り返されたりと問題は大きくなりがちです。そこで今回は、配偶者の浮気を辞めさせる方法・浮気を辞めるために掛けたい言葉をご紹介します。

浮気の再発防止策や、浮気が発覚したらどう動くべきなのかもまとめました。今浮気問題で悩んでいる方は早速チェックしていきましょう。

夫婦間の浮気が起こるとどうなる?

まずは、夫婦間の浮気が起こるとどうなるかを考えていきましょう。前提として「夫婦の浮気」とは不倫のことであり、入籍した夫婦もしくはそれと同等の関係性のあるパートナーに対して、不倫の代償を話し合うことができます。

浮気の条件は「浮気相手と肉体関係があるかどうか」です。例え配偶者が他の方と仲良くしていても、二人きりで食事に出かけたとしても、その時点では浮気にならないため注意しておきましょう。

慰謝料が請求できる

夫婦間の浮気がわかると、浮気によって精神的に傷ついたものの代償に慰謝料請求ができます。浮気が夫婦関係にどの程度影響したのかが考慮されて金額が決まるため、相場としては

・夫婦が離婚した場合…100~300万円

・夫婦が離婚しなかった場合…~100万円

このくらいの慰謝料額が認められやすいです。

ただし、これは一般的に見た目安であり、相手の支払い能力が高かったり程度がひどい浮気とみなされたりすれば増額することはあります。反対に慰謝料の支払いがどうしてもできない、浮気に対して反省していることが認められれば、減額になることもあるでしょう。

慰謝料額は話し合いで双方の合意がとれれば、金額はいくらでも構いません。とはいえ金額で双方の意見が食い違うことは多くあり、夫婦間で決定できなければ調停や裁判で第三者を含めて話し合います。

また、配偶者への慰謝料請求はもちろんですが、浮気相手も慰謝料を支払う責務が発生します。浮気相手が誰なのか、どこに住んでいて何をしている人なのかがわかれば、慰謝料請求もスムーズに行えるでしょう。

離婚要求ができる

次に離婚要求ができる点です。浮気をした側の夫・妻は「有責配偶者」となり、浮気に対して責任を負います。この有責配偶者からの離婚する・しないといった意見は原則的に認められず、浮気された側が今後の夫婦関係をどうするのかの決定権を持つことがほとんどです。

「浮気をしていたから別れて欲しい」「浮気を許して離婚しないで欲しい」こうした意見が有責配偶者から聞かれるかもしれませんが、これは却下されます。離婚をするかしないかは浮気された側が考えて決めることであり、相手は有責配偶者になるという点は頭に入れておくと良いでしょう。

浮気相手と誓約を交わすことも

浮気相手と交わす誓約とは、

・慰謝料額や支払い方法

・(夫婦が離婚しない場合)今後配偶者と連絡を取らないこと

などさまざまな項目が盛り込まれます。特に夫婦が離婚を選ばない場合は、浮気相手との関係を清算する旨を誓約書に残し、交わす場合も多いです。これは浮気を繰り返さないためにも大切なポイントです。

こうした浮気誓約書は話し合いによって何を取り決めるかを選び、浮気した配偶者と浮気相手が作成します。慰謝料請求をする場合にも同じことが言えますが、誓約書を交わす意味でも一度浮気相手と話し合う必要は出てくるかもしれません。

浮気を辞めさせる方法、言葉とは?

以上のように、夫婦の浮気が発覚すると問題は大きくなります。浮気は夫婦の問題ではありますが、一緒に暮らしている家族にも影響が及んだり離婚となると子供の精神的な面も気になったりするでしょう。

「できることなら、浮気を辞めて欲しい。浮気を許したから繰り返さないで欲しい」こう思う方がほとんどのため、次は浮気を辞めさせる方法や言葉をチェックしていきます。

罪悪感に訴える

効果的なのは、相手の「浮気をしてしまった」という罪悪感に訴えることです。浮気に対して反省していれば、その後も浮気を繰り返すことは少ないでしょう。

・何より子供が悲しんでいる

・浮気されたこちらも精神的に参っている

・両親も心配しているし、友人にも立場がない…

など、周囲が浮気に対してどう思っているかも含めて罪悪感に訴えてもよいかもしれません。浮気をしている最中は「新しい恋愛」に夢中になるあまり、周りが見えていない方がほとんど。夫婦生活が長いのなら、「ここまで続けてきた関係を、たったこれだけの浮気で台無しにするのか」と関係性の長さに訴えても良いかもしれません。

浮気前に不満に思ったことがないか聞く

浮気した原因を突き詰めて考えてみるのもおすすめです。浮気をしたくてやったのではなく、家庭や配偶者への不満や寂しさが原因かもしれません。浮気は許されないことで、到底冷静に考えられないかもしれませんが、浮気を辞めさせるのなら一度相手に譲歩し「自分に直せるところはないか」を話し合ってみましょう。

ほとんどの場合が、浮気以前に「夫婦の思いのすれ違い」や「生活における不満」があります。離婚する夫婦の原因は、実は「浮気」ではなく「性格の不一致」がほとんどを占めているのです。お互いに歩み寄る姿勢が大切で、浮気を辞めさせるのならまずはこちらから譲ってみるのも一つの手段でしょう。

イメージチェンジをする、部屋の模様替えをする

心理的に浮気を辞めさせることもできます。配偶者が浮気をしていることに気付いているけれど、相手は「浮気はバレていない」と思っている状態だと、家庭に帰るたびに浮気相手と比較して家庭を嫌がる傾向にあります。また、浮気を一度許した場合にも、家に帰るたびに浮気を思い出すと相手にも自分にも精神的な負担がかかるでしょう。

そこで、髪型を変えたり洋服を新調したり、部屋の模様替えや配置換えをしてイメージチェンジをします。心理的にも気持ちの切り替えができ、リフレッシュできるのでおすすめです。

「浮気が合った事実を風化させてはならない」とは、よく聞かれます。しかし、一度解決したことや現状の浮気から家庭へと目を向けてもらうためには、「浮気をしている・していた事実」から気分を変える努力が必要です。配偶者も「浮気から気持ちを切り替えて、先に進もうとしているのだ」と気づいてくれるメリットもあります。

浮気をしないという相手に対し「信じるよ」

浮気を許した場合、「絶対に二度目があるに違いない!」と疑ってばかりでは話し合いは進みません。本心がどうであれ、一度は相手を信じてみるのも浮気を辞めさせる方法のひとつです。

一度浮気という形で裏切った相手には、どうしても信頼感は減ってしまうでしょう。しかし、浮気を許したい、浮気問題を解決して新しい生活を始め治したいと思うのなら、相手をいったん信じてみてもよいのかもしれません。

最終手段は別れを切り出す

「浮気をするのなら、別れよう」と離婚を切り出すのも一つの方法です。ただしこれは相手が離婚を望んでいない場合であり、言い出すのは最終手段として使いましょう。

もし相手が離婚したがっているのなら、浮気相手と再婚するために反省したふりをするかもしれません。離婚してもしなくても慰謝料請求はできるので、その気もないのに離婚を切り出すのはやや悪手と言えます。ただし、「浮気したらどうする?」と相手が探っているような状況なら、きっぱりと「絶対に許せないし別れる」と言えば、今ある浮気を辞めさせるケースもあるかもしれません。

浮気されない人になるためには?

浮気を辞めさせる必要性は高いものですが、できれば浮気されないことが肝心です。一度引き起るとその後長い間話し合いや問題解決が続く浮気。浮気されない人になるためのポイントをまとめました。

基本的にパートナーは「他人」だという意識を持つ

配偶者のことを「何があっても必ず浮気せず裏切らない、子供にとって良いパパ」として見ていないでしょうか。夫婦生活が長くなると、なんとなく相手を知った気になって言動や扱い方が雑になります。基本的に、パートナーはあなたとは違う他人です。常に気を張って接するわけではありませんが、ある程度の節度と礼儀を持ち、相手と向き合うことは大切です。

常に感謝の気持ちを持つ

日々何気なく暮らしている中でも、働いて家計を支えている方・家事を担い家庭を回している方、どちらも夫婦生活のために動いています。相手にしてもらって当然と思わず、「ありがとう」の感謝の気持ちを持つようにしましょう。

相手に大切にされたいのなら、まずは自分が相手を大切にすることです。献身的に家庭を守る方を、浮気をして裏切ろうと思う配偶者は少ないはずです。

夫婦二人きりの時間を作る、大切にする

とはいえ、どの時代にもなくならない夫婦間の浮気。長く夫婦生活を続けると、どうしても関係にマンネリが生じ、新鮮な恋愛である浮気に気持ちが傾くことがあります。

そのため、子供ができてもさまざまなライフステージを迎えても、夫婦二人きりの時間を作り大切にしましょう。気持ちが離れるのは、夫婦の距離ができたときです。休日を合わせたり子供抜きで出かける時間を作ったり、共通の簡単な趣味を持つことでも構いません。相手との時間を大切にすると、浮気が起こる可能性を低くできるでしょう。

浮気が発覚したら?やるべきこと

浮気を辞めさせる方法をためしたけれど、どうしても浮気を辞めてくれない!このとき、どんな行動に出ればよいのか解説します。

証拠を集める

証拠もなく、なんとなく感覚で浮気している「ような気がした」からといって、相手に詰め寄ってはいけません。浮気をしている人が「浮気しているでしょう?」と聞かれて素直に答えるはずがないのです。

まずは浮気の証拠を集めます。相手の持ち物や、不自然に家を空けたあとで鞄を見てみたり、自家用車の中を調べてみたりすると意外と浮気の証拠は残っているものです。浮気相手とのLINEのやり取りなどで浮気を知る方もいますが、家の中や持ち物に残されていた

・明らかに夫婦が使ったわけではない避妊具、経口ピル、妊娠検査薬

・クレジットカードの請求明細の中にレストランやホテル代の項目があった

・不自然な場所のコンビニを複数回利用している証拠のレシート

などで浮気が分かるケースもあります。ただし、これらは厳密に言うと浮気の状況証拠であり確実なものではありません。これだけの証拠で相手が浮気を認め、浮気相手のことも知れたらそれでよいのですが、話が堂々巡りになったりあと一歩踏み込めなかったりするときは、探偵や興信所の浮気調査を利用するのもひとつの手段です。

浮気調査のメリットとは?

探偵や興信所で依頼できる浮気調査。名前の通り、浮気の証拠を掴み浮気問題の解決に役立てます。浮気調査は浮気の現場や浮気相手の名前・住所など多岐にわたって調べてくれるもので、調査報告書の中に浮気の実態があればこれだけで調停や裁判で「浮気があった」と認めてもらえます。

浮気調査のメリットは、相手に疑われず確実な証拠が見つかる点。また、慰謝料請求を考えている場合は浮気の実態こそ重要となるので、請求を視野に入れている方にとってはメリットが大きいです。個人で調べるよりも素早く調査結果が出せるのも、見逃せない点と言えるでしょう。

浮気を放っておかず話し合いをする

浮気に気付いても「勘違いかもしれない」「しばらくすると頭を冷やして、浮気を辞めてくれるでしょう」と放置する方もいます。すると事態はどんどんややこしくなり、さらに「浮気を看過した」とみなされて慰謝料請求ができなくなる場合もあるのです。

そのため、できる限り浮気の問題は夫婦のタブーにせず、話し合いをしましょう。この場合も浮気を突き止めるのは証拠が入手できてからでかまいません。浮気を辞めさせる方法としてさまざまなものをご紹介しましたが、簡単には浮気は辞められないもの。また、一度起きた浮気はきちんと夫婦の中で消化しておかないと、再び繰り返すことも考えられます。

ご家庭でできる範囲で浮気を解決し、もし自分たちだけでは手に負えない場合は調査会社などの専門機関も頼りましょう。探偵や興信所では、無料で相談できるところもあるのでまずは問い合わせから始めてみてもよいかもしれません。

探偵コラムColumn