調査によって経営におけるリスク回避を図りましょう。

探偵コラム

不貞行為とは?浮気との違いや不貞の定義、不貞行為の具体例をチェック

浮気・不倫という言葉にはなじみがありますが、「不貞行為」と言われるとふと悩んで立ち止ってしまう方は多いです。芸能人の不倫ニュースなどでも聞かれる不貞行為。一体どんな行為を指すのでしょうか。また、よく聞く「夫婦の浮気」との違いは何でしょうか。

今回は気になる不貞行為について、浮気との違いや定義、一体どこからが不貞行為と呼ばれるのかを具体例を挙げてご紹介します。今、夫婦の浮気・不倫に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

不貞行為とは?

早速、不貞行為とは何を指すのかを見ていきましょう。この「不貞行為」という言葉は法的な場面で使われるもので、端的に言うと「婚姻届けを出している夫婦、もしくはそれと同等の生活を送っている関係間において、配偶者以外の者と貞操義務違反をする行為」をさします。

ポイントは夫婦だけの問題ではなく、入籍していないけれど同棲しており長年一緒に暮らす内縁関係の夫婦、パートナーシップ制度を結んでいる夫婦、同じように同性婚でも不貞行為は成立するという点です。また不貞行為は決定的な「貞操義務違反」があるものとされており、肉体関係が生じると貞操を破ることになるため不貞行為とされます。

不倫と不貞行為は違う?不倫とは

ゴシップニュースやよく話題にでる「不倫」と不貞行為は異なるのでしょうか。これはほとんどの場合で不貞行為=不倫として使われます。違う点を挙げるとすると、不倫とはやや概念的な言葉であり、不貞行為が明確に「肉体関係があれば不貞」と基準が定めてあるのに対して不倫は「配偶者以外の人と恋愛をしたら不倫」といった使われ方もします。

浮気との違いとは?

では浮気とは違うのでしょうか。こちらも文脈や便宜上、不貞行為・不倫と同じ意味合いの言葉ではありますが、浮気は特に夫婦間ではなく婚姻関係にない交際相手との間にも使われます。カップル同士の浮気は問題にならないのか、というとこれは当事者間で解決できるもの。夫婦の場合は不貞行為によって離婚や慰謝料が発生するといった、「法的に解決される問題」になるため、意味合いが少し異なってくるのです。

さらに言えば、浮気の明確な基準はありません。カップルの中には「彼女・彼氏以外の人と出かけたら浮気」「合コンに行くのは浮気」とその境界線はさまざま。相手と意見が食い違い、浮気によってトラブルが起きれば交際を解消して解決します。不貞行為=不倫の場合はそうはならないため、浮気との違いを感覚的に知っておくと良いでしょう。

不貞行為になるもの・ならないもの

では、どこからが不貞行為になるのでしょうか。ここからは不貞行為と認められやすいもの・認められないであろうものについて、具体例を挙げてご紹介します。

肉体関係のない交際は不貞行為ではない

先ほど不貞行為の定義を「肉体関係があったら」とご紹介しました。その通り、肉体関係がない交際であれば例えいくら仲睦まじい様子でも不貞行為と呼べるのかどうかは難しいものです。具体的に言うと、キスやハグ、メールで何度もやり取りする、二人きりで食事に出かけるといったものは、実際に不貞を争う裁判や調停の場においては「不貞があった」と認められることはほとんどありません。

ただし、肉体関係がないからといって一切の過失はないというわけではなく、こうした関係に家庭への影響がでるほど没頭したり、再三辞めて欲しいといった訴えを無視していたりすると離婚の原因にはなります。法的に認められた離婚事由のうち、「その他婚姻関係を継続しがたい重大な事由」に当てはまるとされれば慰謝料を請求することも可能です。

ラブホテルに入って長時間出てこないのは不貞行為

夫婦の不貞行為とは、性交渉が伴うものですがこれを証明するのは難しいものです。実際に不貞行為をしている方は隠そうとするものですし、憶測で突き詰めても証拠がなく、解決に向けて話し合いが進みません。そこで、状況的に見て「明らかに肉体関係を持ったであろう」ものは不貞行為と認められる場合が多くなります。

例えばラブホテルに入って長時間出てこなかった場合。実際に宿泊して何も起こらないケースも当然ありますが、一般的に見てラブホテルの使用用途とは性交渉に使うものであり、二人きりで入って出てきたのなら肉体関係があると思われるはずです。このように状況的に見て不貞行為があったと強く思わせるものは、第三者から見ても不貞を認められやすいでしょう。同様に浮気相手の家に出入りする姿なども、肉体関係のある不貞行為の証明になります。

たった1度きりの関係では不貞行為にならないことも

例え1度でも不貞行為には違いありませんが、もし裁判や調停で「不貞があったかどうか」を争う場合は1度きりの関係では不貞行為が夫婦関係に影響したとは認められにくいです。それでも不貞された側が「今後関係を続けられない」と思えば問題にはなるものの、回数も不貞行為の程度に影響していることは頭に入れておきましょう。

1度きりの関係といってもさまざまですが、例えば酔っぱらって1度関係を間違えてしまった、その後深く反省しているといった場合には、行為自体に影響は少なく慰謝料を請求しても相場以下に減額されることもあります。

たった1度切りの風俗では不貞行為とは認められない

では、風俗ならどうなるのでしょうか。例え風俗店での接客の一環だったとしても、性交渉が伴えば不貞行為に違いはありません。また、法的に見て不貞行為とは同様の疑似行為も含まれるので、性交渉に近い触れ合いを風俗で行ったとしても不貞になるケースは多いです。店内では関係がないとはいえ、店外で風俗店従業員とホテルに行ったり宿泊したりといった場合は不貞行為となります。

ただし、こちらも1度きりの風俗店利用は不貞行為として認められないことがほとんど。「会社の付き合いで行かざるを得なかった」などのケースは、これ自体が不倫になるわけではありません。度が過ぎると当然夫婦関係にも影響してくるため、性交渉の可能性が低いキャバクラを利用したとしても、配偶者が辞めて欲しいと再三伝えているにもかかわらず続けられた風俗通いは「夫婦関係を継続しがたい重大な事由」となり離婚を要求されることもあるでしょう。

別居中の不貞行為は慰謝料請求の対象外

もう一つ、不貞行為があったにもかかわらず認められないことがあります。それが「すでに離婚の話が出ており、夫婦が別居していた」場合。ポイントは「夫婦が離婚前提」であることで、例え別居と言っても定期的に連絡を取っていたり別居解消に向けて二人が話し合いをしていたり、単身赴任など事情があって別居している場合はこれに当てはまりません。

離婚する予定の別居中だと、次の新しい交際相手がいても慰謝料請求ができません。なぜなら不貞行為が夫婦に与える影響は少なく、不貞が直接離婚の原因になることも考えられにくいからです。とはいえ夫婦の中で一方は「離婚するつもりだった」もう一方は「離婚など視野にも入れていない」といった認識に齟齬が出る可能性も高いため、「なぜ別居しているのか」といった関係性は二人の中で共通認識を持っておくことをおすすめします。

不貞行為が起きたらどうなるの?

では、不貞行為が起きると夫婦はどのように変化するのでしょうか。不貞はやってはならないこと、とわかってはいるもののその後どうなるのかをよく把握していない方は多いです。

不貞行為が起こると夫婦にとって、

・金銭的な賠償が生まれる

・婚姻関係を解消するかどうかを決める

といった2つの大きなポイントを話し合う必要があります。

不貞した方は「有責配偶者」になる

まず、不貞した側の配偶者は「有責配偶者」になります。これは簡単に言うと不貞の責任を負う必要があるという意味合いです。有責配偶者からの「離婚したい」「離婚したくない」は原則的に聞き入れることができず、不貞された側が今後を決定する主導権を握ると考えておきましょう。

よく「好きな人、気になる人ができたから夫婦生活は続けられない」「不倫相手と一緒になりたいから別れて欲しい」と身勝手な離婚要求を突き付けられ、悩む方もいます。実際にはこの意見は認められないので有責配偶者の立場を今一度知っておくとよいでしょう。

慰謝料請求ができる

不貞行為とは法律で認められた「婚姻関係」を脅かすものであり、民法上の不法行為です。そのため不貞によって相手を傷つけた代償を、金銭で支払わなければなりません。これが不貞の慰謝料です。

不貞行為があった場合、慰謝料の相場とは

・夫婦が離婚した場合…100~300万円

・夫婦が離婚しなかった場合…~100万円

となっています。あくまで目安であり、経済状況や不貞の状況によって増減され、話し合いで決める場合は極論として慰謝料はいくらでも構いません。芸能人の不倫報道で高額な慰謝料が出るケースは、支払い能力が高い可能性や子供の養育費も慰謝料に含まれていると考えられそうです。

慰謝料額はすぐ双方が同意することは珍しく、大体の場合で話し合い折り合いをつけて決まります。そのため調停や裁判となるケースも多く、先ほどご紹介した相場額近くの金額で落ち着くことがほとんどです。話し合いなら互いの合意が取れれば何円でも構わない上、支払い方法も分割にできるので、協議によって決定するのが推奨できる方法ではあります。

また慰謝料は配偶者だけでなく不貞行為の相手にも要求でき、この場合は不倫相手が誰なのか、名前や住所まで把握しておく必要があります。

不貞行為の証拠とは?5つの事例

不貞行為とはどのようなものかがわかったところで、実際に起こると夫婦間で話し合うために証拠が必要です。不貞によって慰謝料を請求されたり離婚となったりするために、不貞は当然隠されます。配偶者が素直に話してくれるとよいのですが、そうはいかないのが普通と言えるでしょう。

そこで不貞行為を明らかにする証拠を5つご紹介します。ひとつずつ見ていきましょう。

メールやLINEでのやり取り

不倫相手とメールやLINEでやり取りしているものは、不貞行為があったかどうか直接分かることは少ないです。例え恋愛関係にあると分かっても、単なるやり取りだけだと友人の域を出ないと思われますし、そもそも不貞行為があるかは分かりません。

しかし、

・不貞行為があったと思われる会話

・不貞行為をしたであろう場所に行く約束を取り付けていた

・行為中のことを語る会話や写真など

のやり取りがあると不貞があったと認められやすい証拠になります。メールなどやり取りをチェックできるのであれば、この点に注意して情報収集してみましょう。

行為中の写真やビデオ

決定的な行為中の写真や映像を残しているカップルも、稀にいます。直接的なものなので見ると衝撃は強いかと思いますが、残しておくとれっきとした証拠として扱えるでしょう。

ただし、ホテルの部屋で二人が写真を撮っているものやデート中の写真は認められにくいです。裸で二人が抱き合っている写真などは、不貞行為があったと第三者の目から見ても明らかな証拠となります。

不貞行為を認めている音声データ

話し合いの最中で不貞行為を配偶者が認めたら、その録音をしていると音声データそのものが証拠になります。裁判で不倫の有無を争うときに使われる証拠としても多いものですが、音声データは書き起こして文章にしておく必要があります。

探偵・興信所の調査報告書

上記でご紹介した証拠は確かに不貞行為を明らかにするものではありますが、どれも入手が難しいものばかりです。LINEでのやり取りも相手の許可がないと実際にはスマホのチェックも難しく、不貞行為の決定的な証拠などは隠されるために簡単には見られません。

とはいえ夫婦関係を話し合うためにどうしても事実を明らかにしなくてはならない場合、探偵や興信所の不倫調査を利用します。調査会社が提供するこの調査は一般の方でも利用でき、なおかつ不貞行為の決定的な証拠が入手できるものです。

・尾行

・張り込み

・聞き込み

この3つの手段を使って、例えばラブホテルに出入りする写真や映像を残したり、不倫相手の名前や住所を調べたりします。慰謝料請求をする際にも役立つので、調査料金はかかりますが確実に証拠を揃えたい方にとってメリットの大きな方法です。

探偵や興信所の調査は、まずは相談から始められます。「配偶者の浮気に対してどうしてよいのか分からない」と悩んだら、まずはアドバイスを受けることから始めてもよいかもしれません。

探偵コラムColumn